Shade的 ハダカの王国 TOP
泉
■泉
元の絵を見た時に、これを自分の感覚で作り直したいと、考えたのが始まりです。
有名女優さんがスタジオでセット撮影風。そっくりと真似るよりサブカットっぽいほうが正解のような気がしたので、ポーズをワザと変えています。ご存知のとおり、実際のモデル撮影では枚数をバカほど撮ります。200〜300枚程度は軽く撮ります。ポーズ違いも念のために撮ります。そして、たくさんのカットの中から至極の1枚を見つけ出すという作業をするわけですが、そうすると、あきらかに不自然なポーズよりも、自然なポーズのほうが女優さんの表情が良い、ということが発生したりします。なので、最初から、自然なポーズでいこうということにしました。
泉の妖精という設定ですが、どうみても日本人で、しかも、お風呂から上がったばっかりのつるつるお肌。そんなアンバランスさを表現のポイントにしています。
落水の造形は、仲良しのAJさんに手伝っていただきました。とても助かりましたよ〜。ありがとうございました。
作品集には、人物を360°方位から見ることが出来る特典ムービーを収録しています。
©2003-2006 Seiji Sunada